RAID補足説明
RAID 0
ストライピングとも言います。 最大限の容量・スピードが得られますが、 ディスクが一つでも壊れると全てのデータ を失います。
RAID 0
RAID 1
最もシンプルなミラーリングです。 データを別のディスクに全く同じ構成で複製します。 ディスクの合計利用可能容量は、一番容量の低い ディスクの容量に限定され、RAID 0よりスピードは 劣りますがディスクが一台故障してもデータは保全されます。
RAID 0+1
RAID 0+1
言い換えるとストライピングのミラーです。 使える容量は半分になりますが、ディスク が1台故障してもデータは保全されます。 LaCieのマニュアルにはRAID 10と記載 されており、当社は0+1と表現します。
RAID 0+1
スパニング
複数のディスクを「1つのディスク」のよう に容量をフルに使えます。スピードやデー タ保護観点でのメリットはありません。 LaCieマニュアルではコンカチネーション と呼んでいます。
スパニング
RAID 3
3つのディスクにストライピングで書き込 み、残りの1つは「パリティディスク」と してデータ修正符号を書き込みます。 1台のディスクが故障しても代替えのディス クでデータ再構築が可能です。 同時に2台壊れたら全てのデータを失います。
RAID 3
RAID 3+スペア
台のディスクのうち、1台を空の状態に保 ちます。ディスクが故障した場合は、自動 的にこの空のディスクに故障したディスク のデータが再構築されます。 同時に2台壊れたら全てのデータを失います。
RAID 3+スペア
RAID 5
全てのディスクでデータのストライピング とパリティブロックへのデータ修正符号の 書き込みが行われます。データ再構築が可 能なこと、同時に2台壊れたら全てのデータ を失う点ではRAID 3と同じです。
RAID 5
RAID 5+スペア
4台のディスクのうち、1台を空の状態に保 ち、ディスクが故障した場合に自動的にデー タが再構築されます。データの書き込み方 以外はRAID 3+スペアと同じです。 同時に2台壊れたら全てのデータを失います。
RAID 5+スペア
RAID 6(参考)
パリティブロックが2つ構成されることが RAID 5との大きな違いです。同時に2台ま で壊れてもデータ再構築が可能です。 スピートはRAID 5に劣ります。 4bigにはこの機能は搭載されていません。
RAID 6(参考)